ラオスで建設中のダム決壊 数百人が行方不明、6千人が家を失う

ダムの決壊を受けて、屋根の上に避難する人々=24日/ABC LAOS NEWS/EPA-EFE

ダムの決壊を受けて、屋根の上に避難する人々=24日/ABC LAOS NEWS/EPA-EFE

(CNN) ラオスからの報道によると、同国南東部のアッタプー県で建設中のダムが決壊し、住民ら数百人が行方不明になっている。

国営ラオス通信によると、セピエン・セナムノイ水力発電所のダムが23日に決壊し、少なくとも6つの村が被害を受けた。

24日までに数人の死亡が確認され、6000人以上が家を失ったという。

トルトン首相は予定されていた月例の政府会合を中止して救助、救援作戦を見守っている。

ダム損傷の程度や、水が引く見通しは今のところ明らかでない。

このダムは2013年2月に建設が始まり、今年から運転される予定だった。総工費は10億2000万ドル(約1100億円)と推定されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]