切断された毒ヘビの頭部、男性の指噛む「逆襲」 米

2018.06.09 Sat posted at 15:01 JST

[PR]

(CNN) 米テキサス州コーパスクリスティ近くで猛毒で知られるガラガラヘビの体をシャベルで切断した男性が頭部部分を拾い上げようとした際、突じょ指を噛(か)まれる被害に遭った。

男性のミロ・サトクリフさんは当初、安否も気遣われる症状となったが、治療を受け回復しているという。

ヘビは妻と共に庭仕事をしている際に見付けたもので、シャベルを振るって殺したと思い、頭部に手を伸ばしていたという。

今回の被害は地元メディアで話題となったが、死んだヘビの「逆襲」は異例なことではない。

アリゾナ州の毒物・薬物情報センターの責任者によると、ヘビは死んだ後の数時間、反射神経を動かし続けることで知られている。ただ、頭部を切断された場合、脳の能力が減少するため送り出す毒液の量が決められず、本能的に出来る限りの量を流し込もうとするという。

サトクリフさんのように頭部と他の体が離れたガラガラヘビによる被害例は米ペンシルベニア州でも2016年発生。被害者の男性は左手の人差し指を切断されていた。

CNNの取材に応じたサトクリフさんの妻によると、夫は医師の処置で5日間昏睡(こんすい)状態に誘導された。腎臓も機能障害を起こしていたという。現在は透析治療を受け、抗生物質も投与されている。退院の時期は不明だが、症状はかなり改善しているという。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]