シリアの市民ボランティア団体、欧米が退避を検討

シリアで活動する市民ボランティア団体の国外退避を欧米が検討/HASAN MOHAMED/AFP/AFP/Getty Images

シリアで活動する市民ボランティア団体の国外退避を欧米が検討/HASAN MOHAMED/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 内戦が続くシリアで活動する救助ボランティアの市民団体「シリア民間防衛隊(通称・ホワイトヘルメッツ)」について、欧米諸国が国外へ退避させる措置を検討していることが16日までに分かった。

シリア情勢に詳しい外交筋と、複数の政権当局者が明らかにした。米英仏とカナダなどが、ホワイトヘルメッツのメンバー約1000人とその家族に危険が迫っているとの理由から、退避計画を話し合っているという。

シリア政府はホワイトヘルメッツをテロ組織とみなしてきたが、国際社会と同団体自体はこれを否定している。

避難先の候補としてはカナダや英国が挙がり、一部をドイツが引き取る案も出ているという。

ある情報筋によれば、トランプ米大統領が先週出席した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でもホワイトヘルメッツの退避が話し合われた。米国は避難ルートを確保するため、イスラエルとヨルダンに働き掛けるよう説得を受けたという。

同情報筋によると、この問題は16日に予定されるトランプ氏とプーチン・ロシア大統領の会談で取り上げられる可能性もある。

これに対し、ロシアが信頼できる相手かどうかを疑問視する声が上がっている。シリア政府を支援するロシアは最近、「ホワイトヘルメッツは住民を狙うテロリスト」とのうわさをあおっているとされるためだ。

欧州諸国などはロシアの助けを借りずにホワイトヘルメッツを避難させる方法を探っているが、作戦の見通しは立っていない。

シリア政府軍はこのところ南西部への攻撃を強め、事態をさらに複雑化させている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]