タイ洞窟の少年4人、無事脱出 残る9人の救助は時間との戦い

タイ洞窟、少年4人が無事脱出

タイ・タムルアン洞窟(CNN) タイ北部のタムルアン洞窟に閉じ込められている少年など13人の救出活動で8日夕、13人のうち少年4人が、ダイバーに付き添われて無事に洞窟を脱出した。残る9人の救出活動は9日に再開する見通しだが、豪雨の影響で救助は時間との戦いになっている。

救出された少年4人は地元チェンライ県の病院に運ばれた。健康状態について、当局者は「それほど悪くない」と形容している。

この日の救出活動は、タンクに空気を充てんするため、いったん中断された。しかし8日には再び雨が降り始め、数日間は降り続くと予想されており、並行して続けられている洞窟から水をくみ出す作業は難航が予想される。

チェンライ県知事によると、8日の救出作業は予想より順調に進んだ。当初の予想では、ダイバーが狭いトンネルをくぐり抜けて少年たちのいる場所に到達し、戻ってくるまでには往復で約11時間を要すると思われていた。しかし、ダイバーが洞窟の入り口に入ってから最初の少年が現れるまでに実際にかかった時間は約9時間だった。

救出作業は洞窟ダイビングを専門とするダイバー18人の国際チームが担当。少年たちにフルフェイスマスクを着けさせ、迷路のようなトンネルをくぐり抜けた。

最初の1人が洞窟から姿を現したのは午後5時40分。その10分後に2人目が現れ、続いて7時40分と50分に残る2人が脱出した。

洞窟内に取り残されていたのは11~16歳の少年12人とサッカーチームコーチの大人1人。洞窟内で行方不明になってから9日後の7月2日に発見されていた。

入り口から13人がいた場所までの距離は約4キロ。周辺は水没し、酸素の供給も限られている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]