潜水での救出作戦開始、「数日間」かかる可能性も タイ洞窟閉じ込め

救出作戦終了後、カメラに向かってポーズを取るSEALのメンバー。この中の1人が、少年らと一緒に1週間を過ごした医師=10日
写真特集:洞窟に少年ら13人が閉じ込め タイ

救出作戦終了後、カメラに向かってポーズを取るSEALのメンバー。この中の1人が、少年らと一緒に1週間を過ごした医師=10日

タイ・タムルアン洞窟(CNN) タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に過去15日間閉じ込められている少年12人とサッカーコーチの25歳男性ら計13人について、チェンライ県のナロンサク・オソタナコーン知事は8日、潜水での救出活動の開始を発表した。

作戦については少年らの家族に報告し、了解を得たとした。現地時間の8日午前10時、国内外のダイバー13人とタイ海軍特殊部隊兵士5人がメーサイ山下の水浸しとなっている地下トンネルへの潜水を開始して作戦が始まった。

今回の救出作戦が成功したとしても、少年らやダイバーの安否が判明するまで多数の時間を要するとみられる。タイ政府当局者は、救出作戦に数日間かかる可能性も示唆している。少年らがいる場所に以前到達していたダイバーたちは11時間かけて往復していた。

同知事は「水と時間の2つの障害がある。我々は最初の日からこの2つと争ってきた」と述べた。今回の救出作戦については「現段階でしか踏み切れない判断に基づく」との見方もある。

少年らは洞窟の入り口から約4キロ離れた狭い空間内に閉じ込められているとされる。増量した水に囲まれ、酸素の確保にも限度があるとされる。今後数日内にはモンスーン性気候に伴う豪雨の再来が予想され、洞窟は今年10月まで人間の出入りを許さない状況に陥る事態も迫っている。

救出作戦の詳細は不明だが、ダイバーたちは入り組んだ状態で広がる狭いトンネル網を成功裏に通過する必要がある。当局者は、ダイバー1人が少年ら1人とペアを組んで洞窟を抜け出る救出作戦を示唆している。この経路沿いには余分な酸素ボンベが準備されているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]