W杯観戦のイングランドファン、ナチス式敬礼 動画浮上で捜査

イングランドのファンがナチス式敬礼を行ったりする様子を捉えた動画が浮上した

イングランドのファンがナチス式敬礼を行ったりする様子を捉えた動画が浮上した

(CNN) サッカー・ワールドカップ(W杯)が開催中のロシアのバーでイングランドのファンがナチス式敬礼を行ったり、反ユダヤ的な歌を口にしたりする様子を捉えた動画が浮上し、英警察が捜査に乗り出していることが22日までに分かった。

報道によれば、動画はロシアのボルゴグラードで撮影されたもの。ボルゴグラードでは18日、イングランドにとってW杯初戦となるチュニジア戦が行われていた。

ロイター通信によると、W杯対策を指揮する英警察幹部は「動画に見られる忌むべき行為は全く容認できず、許されない」と強調。捜査チームが既に関与者の特定を急いでおり、あらゆる適切な対応を取っていく見込みだと明らかにした。

英タブロイド紙サンが公開した動画では、イングランド・プレミアリーグのクラブ、トッテナム・ホットスパーのユダヤ系の伝統をあざける声や、第2次世界大戦中にナチス・ドイツの集会で使われた「ジークハイル(勝利万歳)」の言葉を叫ぶのが聞こえる。

イングランドサッカー協会(FA)の広報担当者は「この動画の人物たちの行動を強く非難する」と表明。関係当局と協力して対応に当たっていることを明らかにした。

ボルゴグラードで行われたチュニジア戦では、イングランドのファンおよそ2500人が観戦に訪れた。

ボルゴグラードの旧名はスターリングラードで、第2次世界大戦の激戦地。試合前には、イングランドのサポーターや英外交官が命を落とした人々を悼んで献花する場面もあった。同地では1942年7月から43年2月にかけ、ドイツ軍の進撃を食い止める戦いでソ連側に100万人以上の犠牲者を出している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]