イエメン内戦、西部ホデイダで戦闘激化 住民数千人が避難

爆撃によって破壊された建物=ホデイダ

爆撃によって破壊された建物=ホデイダ

(CNN) 内戦が続くイエメンで、サウジアラビア主導の有志連合が反政府武装組織「フーシ」からの奪還を目指す西部ホデイダでの戦闘が激化し、空港周辺の住民数千人が避難を強いられている。

避難民の正確な人数は明らかでない。しかし地元の活動家や匿名の当局者によると、16日朝の時点で同市から北部へ向かう車数百台の列が確認された。

有志連合によるホデイダ奪還作戦は13日から始まった。フーシの治安担当者3人が語ったところによると、数百人の有志連合部隊が空港付近を包囲し、ゲートで衝突が起きている。

サウジの政府機関、国際通信センターはツイッター上で、有志連合が空港内に入ったと発表したが、フーシ側の3人はこれを否定している。

人道支援NGOのノルウェー難民委員会(NRC)は16日、ホデイダでの戦闘が人口密集地に迫り、現地の人道団体はほぼ全面的な活動停止を余儀なくされたと報告した。同市南郊では多くの人が負傷したり家を失ったりしているとみられるが、人道団体はこの地域に近付くこともできない状態だという。

NRCの担当者は、これまでに国内のほかの地域から着の身着のままホデイダへ流れ込んだ数万人の避難民に食料や飲料水を届けることもできないとして、「深い懸念」を示した。

国連からはイエメン担当のグリフィス特使が16日に首都サヌアに到着し、各方面と接触して自制を呼び掛けている。

同国では2015年、フーシが親米派のハディ暫定大統領を追放してから内戦状態に突入。ハディ氏を支援する有志連合と、イランの支援を受けるフーシの攻防が続いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]