ケニアで小型機墜落、乗客乗員10人全員死亡

ケニアで小型が機墜落し、乗客乗員10人全員が死亡した

ケニアで小型が機墜落し、乗客乗員10人全員が死亡した

ナイジェリア・ラゴス(CNN) ケニア中部の山岳地帯で小型機が墜落し、乗っていた10人全員が死亡したことが分かった。同国の政府当局者が7日、CNNに対し明らかにした。

墜落が起きたのは5日。運輸省の幹部によると、現場の森を地上と上空から捜索した結果、2日後に小型機の残骸を発見したという。

小型機は西部の都市キタレから首都ナイロビに向けて、5日の午後4時5分に出発した。着陸予定の数分前、ナイロビにあるジョモ・ケニヤッタ国際空港の管制塔との間で通信が途絶えた。

地元の航空会社が運航していたこの小型機には、乗客8人と操縦士2人が搭乗していた。

悪天候のため、救助隊は7日早朝まで現場に入ることができなかった。運輸省の幹部は、乗客乗員に生存者はいなかったと説明。「遺体は病院に運ばれ、家族にも連絡を取った」と述べた。墜落の原因については現在調査中だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]