ダム決壊で44人死亡、40人行方不明 ケニアで豪雨被害続く

ケニア北部で降り続いた豪雨のためにダムが決壊した

ケニア北部で降り続いた豪雨のためにダムが決壊した

ケニア・ナイロビ(CNN) ケニア北部で降り続いた豪雨のためにダムが決壊し、少なくとも44人が死亡した。当局者が10日に明らかにした。ダム周辺の住民は被災地から避難したが、今も40人が行方不明になっているという。

地元当局者によると、北部リフトバレー州ナクル近郊にあるパテルダムが9日午後9時ごろ、豪雨のために決壊し、周辺の住宅が押し流された。

ケニア赤十字は、最大で500世帯が被災したと推定している。ダムは農場に面していて、被害に遭ったのはほとんどが作業員や小規模農家だったという。

ナクル郡当局は赤十字と連携して捜索救助活動を続けるとともに、避難所を開設して食料の提供や負傷者の手当てなどの支援に当たっている。

東アフリカはここ数カ月で豪雨や洪水に見舞われ、特にケニアとルワンダでは大きな被害が出ている。

赤十字によると、ケニアでは今月に入り、洪水のために少なくとも100人が死亡、約26万人が避難していた。

何週間も続く豪雨や土砂崩れで孤立する集落も続出、ケニア当局や人道支援団体は、取り残された住民を空から救出したり、孤立した集落に支援物資を届けたりする活動を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]