米朝首脳、シンガポールで2日目の会談の可能性も

米朝首脳、シンガポールで2日目の会談も

米朝首脳、シンガポールで2日目の会談も

ワシントン(CNN) シンガポールで12日に行われるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談で、もし両首脳が対話の継続を望んだ場合、同地で2日目の会談が実現できるよう、当局者が調整を進めている。この件に詳しい関係者2人がCNNに明らかにした。

現時点のスケジュールでは、トランプ大統領と金委員長の初の会談は12日に行われ、トランプ大統領は13日に帰国を予定している。しかしシンガポールに滞在している米当局者は、両首脳が日程を延長して対話を継続できるよう、2日目の会談場所の確保などを含めた臨時対応計画を立てているという。

ホワイトハウスの報道官は、この件に関するコメントを避けた。

トランプ大統領が、金委員長との2日にわたる会談を望んでいるのかどうかははっきりしない。しかし大統領は会談に関して柔軟な対応を求めると表明し、側近や同盟国に対しては、本能的直観に従って金委員長との交渉に臨むと強調していた。

現職の米大統領と北朝鮮の指導者が初めて顔を合わせる歴史的会談。米国は、北朝鮮の非核化を追求する姿勢を強調しているが、今回の会談の成果に対して過剰な期待が高まっていることに、米当局者は不安を募らせる。

大統領本人も先週の時点で、今回の会談を北朝鮮との対話の始まりと位置付け、「これは『知り合いになる』ための会談で、それはとても前向きなことかもしれない」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]