ロ軍戦闘機が墜落、鳥がエンジンに突入か シリア

2018.05.05 Sat posted at 14:41 JST

[PR]

(CNN) ロシア国防省は5日までに、同国軍の戦闘機「スホーイ30型」1機がシリア沖の地中海に墜落、搭乗の乗員2人が死亡したとの声明を発表した。国営のRIAノーボスチ通信が報じた。

国防省の声明によると、エンジン部分に鳥1羽が突っ込んだのが墜落原因の可能性がある。シリアのフメイミム空軍基地を離陸し、高度上昇中に失速し、墜落したという。

英国に拠点があるシリア反体制派「シリア人権監視団」はシリア国内のジャブラ市沖合の海上でロシア軍軍用機の落下を見たとする目撃者の証言を報告した。

首都ダマスカスから北へ約240キロ離れたフメイミム空軍基地はラタキア近郊に位置し、シリア内のロシア空軍基地としては最大規模となっている。

RIAノーボスチ通信によると、同基地では今年3月、着陸を試みた輸送機の墜落も発生、乗っていた軍事要員ら33人と乗務員6人が全員死亡していた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]