韓国大統領、米朝韓の3カ国会談の可能性に言及

米朝韓の3カ国会談の可能性もあるという

米朝韓の3カ国会談の可能性もあるという

(CNN) 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は21日、もし北朝鮮との首脳会談が成功した場合、米国、北朝鮮、韓国の3カ国会談につながる可能性もあると発言した。

文大統領はこの日開かれた南北首脳会談準備委員会の会合後、来月開かれる北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との「歴史的会談」に向けて、交渉が続けられていると語った。

4月に予定されている南北首脳会談に続き、米国のトランプ大統領も5月末までに金委員長との首脳会談に応じる意向を表明している。

文大統領は、もしこうした首脳会談が成功すれば、高官級協議につながる可能性もあると語った。今後の交渉の目標は、朝鮮半島の非核化と「恒久平和」にあるとしている。

一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は、米朝首脳会談に関係して、両国間の関係には「変化の兆し」が見られると伝えた。北朝鮮のメディアが前向きな姿勢を示したのは、米朝首脳会談の発表以来。

ただ、21日の論説の中で朝鮮中央通信は、米国と韓国の保守派が「真実をゆがめる事実無根の話を広めることによって」、会談を妨害しようとしているとも伝えた。

米朝首脳会談の準備は既に進められている様子だ。北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は、米国の利益を代表するスウェーデンを訪れ、フィンランドでは代表団による会談が行われている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]