米韓と北朝鮮、フィンランドで会談へ 非核化を協議

2018.03.19 Mon posted at 10:44 JST

[PR]

(CNN) 北朝鮮と韓国、米国の代表団がフィンランドで会談し、非核化について協議することが19日までにわかった。韓国とフィンランドの当局者が明らかにした。

フィンランドの外務相当局者によると、米国からは政府当局者以外の人物が出席する。米国は北朝鮮と外交関係を持たない。

韓国外務省はこの会談について、韓国からは元当局者や民間の専門家が出席して、非核化について話し合うと説明した。米国の代表団も同じような顔ぶれになる見通しだとしている。

フィンランドの当局者はこの会談について、北朝鮮と韓国、米国の代表が出席する「トラック1.5学術会議」と位置付ける。いわゆる「トラック1.5会議」には、政府当局者や民間の専門家が出席する。

北朝鮮からの出席者は明らかになっていない。ただ、18日にはフィンランド行きの便に搭乗予定と思われる北朝鮮の高官が目撃された。

韓国の聯合通信は、北朝鮮外務省の北米担当高官が、中国の北京首都国際空港で報道陣に囲まれたと伝えている。

フィンランド外務省はCNNの取材に対し、同国は今回の会談の仲介役を果たしているにすぎず、出席はしないと説明した。会談の日時や場所、出席者については確認を避けた。

米ホワイトハウスは先に、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の提案を受け入れ、米朝首脳会談に応じる意向だと発表した。北朝鮮はまだ、米朝首脳会談について公式にはコメントしていない。

メールマガジン

[PR]