ロシア人の元スパイ、一緒にいた娘も意識不明 英

2018.03.07 Wed posted at 09:47 JST

[PR]

(CNN) 英イングランド南部ソールズベリーのショッピングセンターで、二重スパイだったとされるロシア人男性と一緒に意識不明の状態で見つかった女性は、この男性の娘だったことが分かった。関係者が6日、CNNに明らかにした。

この事件では、ショッピングセンターのベンチで意識を失っている男女が4日に見つかり、男性の方は過去にロシアで英国のスパイとして有罪判決を受けたセルゲイ・スクリパリ氏(66)と判明していた。

一緒にいた女性はロシアから英国を訪問していた娘のユリア氏(33)で、2人とも「正体不明の物質」にさらされた疑いがあり、英国の病院に搬送されたが重体に陥っている。

英テロ対策警察は、2人がショッピングセンターのベンチで意識を失った経緯について調べている。ロンドン警視庁は、この事件についてテロとは断定していないものの、状況の特殊性を考慮して、テロ対策の専門班が捜査を主導していると説明した。

スクリパリ氏は、英国のためにスパイ活動を行ったとしてロシアで有罪判決を受け、2010に米国とロシアの「スパイ交換」で釈放されて英国へ亡命していた。

警察によると、2人に目立った外傷はなかった。当局は、2人がどんな物質にさらされたのかは明らかにしていない。

地元警察は6日、この事件の対応に当たった少数の緊急要員が直後に手当てを受け、うち1人は今も入院していることを明らかにした。

2人が座っていたベンチは6日朝までに、白いテントで覆われた。

英国では2006年、ロシアのスパイだったアレクサンドル・リトビネンコ氏が、ロンドン市内のホテルで放射性物質ポロニウムが混入された紅茶を飲んで死亡する事件が起きている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]