ペンス米副大統領、大使館移転は「19年末までに」

ペンス米副大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相

ペンス米副大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相

エルサレム(CNN) イスラエルを訪問している米国のペンス副大統領は22日、イスラエル国会で演説し、2019年末までに米大使館をエルサレムに移転すると表明した。米当局者はこれまで、テルアビブからエルサレムへの大使館移転には3~4年かかるとの見通しを示していた。

米国のトランプ大統領は先月、エルサレムをイスラエルの首都と宣言し、70年に及ぶ米国の政策を覆して大使館をエルサレムに移転する計画を発表した。

これを受けてペンス副大統領も22日の演説で、エルサレムを「イスラエルの首都」と言明。「我々の政権はエルサレムに米大使館を開設する計画を進展させる。米大使館は来年が終わる前に開設する」と語って盛大な拍手を誘い、「アメリカはイスラエルを支持する」と断言した。

イスラエルのネタニヤフ首相はペンス副大統領を称賛してトランプ大統領に謝意を表し、「米国にとってイスラエル以上に素晴らしい友人はいない。イスラエルにも、米国以上に素晴らしい友人はいない」と語った。

ただ、イスラエル国会でも複数のアラブ系議員はペンス副大統領の演説に抗議して警備員ともみ合いになり、議場から退出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]