飛行中に機長が急死、旅客機が緊急着陸 アメリカン航空

2015.10.06 Tue posted at 09:41 JST

[PR]

(CNN) 米アメリカン航空旅客機の機長が5日、乗員乗客152人を乗せてアリゾナ州フェニックスからマサチューセッツ州ボストンへ向かう飛行の途中で急死した。同航空が明らかにした。

同航空によると、機長の死因は病死だった。病名などは公表していない。

USエアウェイズが運航する550便(エアバスA320型機)は、乗客147人と乗員5人を乗せて深夜にフェニックスを発ち、米大陸を横断して東海岸に向かっていた。

機長の体調が急変したことを受け、同機は行き先をニューヨーク州北部のシラキュースに変更。操縦室から管制塔には「医療緊急事態。機長が操縦不能になった」との連絡が入った。

同機は副操縦士が操縦を引き継ぎ、現地時間の午前7時13分、シラキュースの空港に無事着陸した。

シラキュースの消防当局は、意識不明の人物を同機から病院に搬送したことを確認した。この人物が操縦士だったかどうかは分からないとしている。

乗客は予定より4時間あまり遅れて同日正午ごろ、ボストンに到着した。

メールマガジン

[PR]