金正恩氏お気に入りのガールズバンド「モランボン」、平昌五輪で公演か

北朝鮮にKポップ風バンドが登場

(CNN) 韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯で15日に開かれた南北協議に、北朝鮮代表団の一員として予想外の女性が出席した。玄松月(ヒョンソンウォル)氏。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の私設ガールズバンド「牡丹峰(モランボン)楽団」のメンバーだった。

玄氏の出席は、来月韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪にモランボンが出演する可能性を示唆している。

先週発表された共同声明によると、北朝鮮は選手団や応援団、芸術団、観戦団、テコンドー実演団、記者団などで構成する代表団の派遣を予定している。

15日の声明では、140人で構成する「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」を派遣する計画も発表された。ただ、この声明ではモランボンについては言及していない。

モランボンは2012年に金委員長自らが結成したバンド。軍服姿で登場することもあり、金委員長をたたえる楽曲を披露している。

過去には外交目的で使われたこともあり、2015年に北京への派遣が発表された際は、中国と北朝鮮の関係改善の証しと受け止められた。ただ、この公演は後に中止になった。

朝鮮中央通信は2012年に行われたモランボンの結成公演について、「金正恩氏の指導の下、繁栄国家の建設における最終勝利を目指して突き進む北朝鮮の兵士や人民の不屈の精神力を表した」と論評。「公演の最後に金正恩氏は、熱烈な声援を送るパフォーマーと観客に手を振り返した」と伝えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]