子どもの喫煙、インドネシアで拡大<下> 広告や販売の規制緩く

インドネシアは世界でも喫煙率の高い国のひとつだ

インドネシアは世界でも喫煙率の高い国のひとつだ

たばこは1本単位で購入でき、低所得層にとってより手ごろな価格になっている。スリストヨワティ氏によれば、大半の売り場やキオスクでは、12本入りの箱の値段はわずか1ドル(約110円)だという。

インドネシアの全34州は2012年以来、たばこのばら売りを禁じる規制を導入しているが、実施状況はそれほど効果的とは言えない。

保健省は現在、今度こそたばこの誘惑に対抗するため、他の省庁や世界保健機関(WHO)といった国際組織との連携を進めている。

禁煙を試みている人への支援拡充や、たばこの害についての人々の意識向上にも取り組みたい考えだ。また、2005年に成立した公衆衛生に関する世界規模の条約「たばこ規制枠組み条約(FCTC)」への加入に向けた動きも強化している。

こうした措置がすべて整ってようやく、アルディ君のメッセージがこれを必要とする人の元に届くかもしれない――喫煙の誘惑に直面している小さな子どもたちの元に。

連載終わり

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]