秘密の国の中心へ――CNNが旅した北朝鮮<6> 聖なる山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) CNN取材班は、高麗航空で、平壌の北約640キロに位置する三池淵郡に飛んだ。中国との国境のすぐ近くだ。

前回「秘密の国の中心へ――CNNが旅した北朝鮮<5> 平壌でスマホを買う」はこちら

機体はロシア製のアントノフAN24ですでに50年近く飛行し続けている。しかし、レトロなキャビンはいまだに新品同様だ。乗務員は魅力的な若い女性たちで、たいていは18歳から25歳まで働き、その後、大学へ行ったり、結婚したりする。

三池淵郡は、北朝鮮が7月に2度目の大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)を発射した場所から、そう遠くはない。

しかし、CNN取材班が訪れた理由はミサイルのためではない。

白頭山のために来たのだった。白頭山は活火山で、朝鮮半島で最も高い山だ。白頭山は北朝鮮の人々にとって聖地だ。韓国の人々にとっても聖地だが、朝鮮半島での緊張の高まりを受けて最近は韓国の人々が訪れることはできない。

北朝鮮の社会は民族的な純粋さを重視し、国によるプロパガンダは金一族の「白頭山の血統」を賛美する。朝鮮半島における古代の伝説の王様たちとの間に高貴で英雄的な血統のつながりがあるといわれている。

CNN取材班は何時間も未舗装の道路を走り、北朝鮮の田園地方を進んだ。北朝鮮郊外のこれほど奥深くまで入ったことはなかった。舗装された道路もインフラも、驚くほど欠けていた。

大型トラックと建設現場が少なくとも何かの開発が行われていることを示唆していた。お目付け役からは写真を撮ることも車を止めることも許可されなかった。取材班はただ、歩いている集団を、ちらりと目にするだけだった。

何とか行政の中心都市にたどり着く。この活気のない街の中心部にも、金日成主席の記念碑は存在した。CNN取材班が見せられたのは、銃弾の跡の残る建物で、ここで、金日成氏は旧日本軍に対する奇襲を指揮したのだという。

さらに下り、風にあおられ、道を進む。そして、北朝鮮の人々が聖地を考える場所にたどり着いた。金正日総書記が生まれたとされる山小屋だ。ガイドが、金正日氏の神秘的な誕生を伝えるとされる物語を聞かせてくれた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]