11歳少年を15時間ぶり救出、死傷者44人に 伊地震

赤ちゃんもがれきから救出、伊地震

(CNN) イタリア南部のリゾート地イスキア島を襲った地震で22日、最後までがれきの下に取り残されていた11歳の男の子が約15時間ぶりに救出された。

地震は現地時間の21日午後9時ごろに発生。地震の規模を示すマグニチュード(M)は米地質調査所の観測で4.3、イタリア当局の観測で4だった。

当局によると、この地震で2人の死亡が確認され、42人が負傷、約2600人が被災した。地元メディアの報道によると、1000人を超す観光客は同島から避難した。

2人の犠牲者のうち高齢の女性1人は、損壊した教会の建物のがれきに当たって死亡。もう1人の犠牲者は、がれきの中から遺体を収容する作業が続けられている。

15時間ぶりに救出されたシロ君(11)は、兄弟で2段ベッドで寝ていたところ、自宅が倒壊してマットレスの下敷きになった。両親は間もなく助け出され、夜を徹して行われた救出活動で生後7カ月の弟など兄弟2人も救出。シロ君は一晩中、「助けて!死にたくない」と叫び続け、救助隊や医師が水や酸素を送って励ましながら、がれきを取り除く作業を続けた。シロ君の容体は安定しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]