最新鋭艦がなぜ回避できなかったのか、専門家から疑問の声

2017.08.22 Tue posted at 17:39 JST

[PR]

(CNN) 米海軍の誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がシンガポール沖で商船と衝突した事故で、現場では捜索活動が続けられている。海軍は原因究明のために包括的な検証を行うと表明しているが、専門家からは、回避行動をとるべきだったのは、駆逐艦のほうだったとの見方が出ている。

マラッカ海峡は世界で2番目に船舶の交通量が多い。マレーシア当局の記者会見によれば、両船とも南シナ海からシンガポールへ向かう途中だった。

軍事評論家のリック・フラコナ氏は、タンカーがどんな動きをしていたとしても、機動性に勝る米駆逐艦の方が回避行動をとるべきだったと述べ、「複数のレーダーシステムや通信設備を搭載し、甲板で万全の監視を行っていた米海軍の最新鋭駆逐艦が、なぜ低速で航行する3万トンの巨大船を見つけて回避できなかったのか」と問いかけた。

今回の事故について、トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し「最悪だ」とコメント。父と祖父が艦名の由来になったジョン・マケイン上院議員は、捜索救助活動に当たる乗員に謝意を表した。

メールマガジン

[PR]