戦闘続くマラウィ、衛星写真が捉えた激戦の傷跡 フィリピン

マラウィに展開するフィリピン軍兵士=5月

マラウィに展開するフィリピン軍兵士=5月

(CNN) 建物の多くが破壊された市街地。あちこちから煙が上がり、イスラム教センターのドーム屋根の横の地面には大きな穴が開いている――。地政学的情報分析を手がける米ストラトフォーは6日までに、フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィについて、衛星がとらえた画像を公開した。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」系の武装勢力の侵入を受けたマラウィでは、フィリピン軍による奪還作戦が6週間にわたって続いている。

衛星画像では、市の約半分の地区が爆撃の被害に遭っている。

ストラトフォーのシム・タック上級アナリストは、「ここまで(被害の規模が)大きいとは予想していなかった。空爆や砲撃があったことは聞いていたが、市全域でひどいことになっている」と語る。

残っている数少ない建物の1つはイスラム教センターだ。

タック氏は「フィリピンは米国と同様のアプローチを取っている。イスラム教への宣戦布告と受け取られないよう、モスクにダメージを与えないようにしている」と指摘する。センターの横には空爆によるとみられる大きなクレーターがある。

タック氏は「フィリピン軍には限界がある」と指摘。米国製のOV−10ブロンコを空爆に使っているが、ブロンコはベトナム戦争の頃から使われており、現代の爆撃機に比べると攻撃精度はあまり高くないという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]