北ミサイルで安保理緊急会合 米大使、軍事力行使にも言及

2017.07.06 Thu posted at 09:54 JST

[PR]

(CNN) 北朝鮮による初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を受けて5日、国連安全保障理事会の緊急会合が開かれた。米国のヘイリー国連大使は今回のミサイル実験を「明白な軍事的エスカレート」と形容。中国など北朝鮮を支援する国に対しても、支援をやめなければ米国が貿易停止に踏み切る可能性を示唆した。

「米国はあらゆる能力を行使して我が国と同盟国を守る」とヘイリー大使は強調。「我々の能力の1つは相当な軍事力にある。もしそうせざるを得ない場合はこれを行使する。だがその方向へ行かずに済むことを望む」とした。

ヘイリー大使はまた、世界に対しても外交的、経済的対応の強化を訴え、「国連安保理決議に違反して北朝鮮との貿易を許し、奨励さえしている国々がある」「そうした国々は米国との貿易を続けることも望むだろうが、それは起こらない」と牽制(けんせい)した。

中でも中国については、北朝鮮の貿易の90%は中国が相手国だと述べ、「国連による制裁を執行する責務の大部分は中国が担っている」「我々は中国と連携する。だが、この暗黒の日をもたらした過去の不適切なアプローチは繰り返さない」と言明した。

トランプ大統領は同日午前、ツイッターへの投稿で、「中国と北朝鮮との貿易は第1四半期で約40%増大した。中国の我々との連携はこんなものだ。だが我々は試さなければならなかった」と書き込んだ。

これに対してロシアと中国は、北朝鮮を交渉のテーブルに引き戻すため、北朝鮮に弾道ミサイル実験を中止させると同時に、米韓の合同軍事演習も中止させるという提案を打ち出している。

ロシアのサフロンコフ国連副大使は、今回の発射実験がICBMだったのかどうかも疑問だと述べ、制裁では事態は解決できないとの見解を示した。

メールマガジン

[PR]