子どもが住みやすい国のランキング、北欧諸国が上位独占

子どもの殺人被害が多い国の上位10カ国は全て中南米に集中している。犯罪組織や麻薬関連の事件が続発しているためだという。

一方、世界の乳幼児の死亡数は1990年から半減した。妊産婦や新生児への医療支援が成果を挙げているとみられる。

ただ専門家によれば、この報告書は世帯ごとの調査に基づいているため、路上や施設で暮らす子どもが対象に含まれない。実態に比べ、控えめな数字にとどまっているとの指摘もある。

ランキングの上位10位と下位10位は以下の通り。

良い国

1位:ルウェー、スロベニア

3位:フィンランド

4位:オランダ、スウェーデン

6位:ポルトガル

7位:アイルランド

8位:アイスランド、イタリア

10位:ベルギー、キプロス、ドイツ、韓国

悪い国

1位:ニジェール

2位:アンゴラ

3位:マリ

4位:中央アフリカ共和国

5位:ソマリア

6位:チャド

7位:南スーダン

8位:ブルキナファソ

9位:シエラレオネ、ギニア

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]