子ども抱いて走るカメラマン、爆発現場で必死の救助 シリア

2017.04.18 Tue posted at 12:20 JST

[PR]

(CNN) シリア北部で避難中の住民を乗せたバスの車列が爆発に巻き込まれ、126人が死亡した事件。現場に居合わせたカメラマンが写真を撮ることも忘れ、瀕死の少年を抱きかかえて走る姿を別のカメラマンが撮影した。

車列への襲撃は15日に発生。カメラマンで活動家のアブド・アルカディル・ハバクさんは、爆発の衝撃で一時的に意識を失い、気が付くと目の前に恐ろしい光景が広がっていた。

「自分の目の前に死にかけている子どもがいた」「カメラは横に置いて、同僚と一緒に負傷者を助けようと決めた」。CNNの取材に答えたハバクさんはそう語る。

最初に見た子どもは息絶えていた。別の子どもに向かって駆け出すと、近寄るな、その子はもう死んでいる、と誰かが叫ぶ声が聞こえたという。

だがハバクさんには、少年がかすかに呼吸している様子が見えた。

ハバクさんは少年を抱き上げ、救急車に向かって走り始めた。手にしたカメラはその間も電源が入った状態で、現場の混乱を記録し続けていた。

「その子は私の手をしっかり握って私を見つめていた」とハバクさん。

メールマガジン

[PR]