シリアのクルド民兵に武器供与、トランプ米大統領が承認

トランプ大統領が、シリアのクルド民兵に対する武器供与を承認した

トランプ大統領が、シリアのクルド民兵に対する武器供与を承認した

ワシントン(CNN) 米国防総省によると、トランプ大統領は9日、シリアで過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と戦うクルド人民兵への限定的な武器供与を承認した。供与に反対してきたトルコの反発を招くのは必至だ。

米当局者がCNNに語ったところによると、ISISが首都と称するシリア北部ラッカの奪還作戦で確実な勝利を収めるという具体的な目標に向け、小銃や機関銃、建設機械、装甲車などを必要な数量に限って供与する。

国防総省では以前からクルド人への武器供与が検討されていたが、同盟国であるトルコの強硬な反対で決定が先送りされてきた。

シリアのクルド人民兵組織「人民防衛隊(YPG)」は、対ISIS戦で米軍と共闘するクルド系とアラブ系の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」の主力で、兵力の半数以上を占める。SDFのアラブ系部隊には、米国が以前から武器を供与している。

だがトルコはYPGを、同国でテロ攻撃を繰り返すクルド人非合法組織「クルディスタン労働党(PKK)」のシリア支部と位置付けて敵視している。これに対して米国は、YPGとPKKは別組織との立場を取る。

同当局者によれば、マティス国防長官ら複数の政権高官が9日、トルコ側に武器供与の方針を説明した。

国防総省のホワイト報道官は「トルコの懸念はよく承知している」と述べる一方、「SDFはラッカ奪還を近い将来に果たすことのできる唯一の部隊だ」と強調。「YPGへの支援をやめて親トルコ勢力と共闘するべきだ」と主張するトルコに対し、間接的に反論した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]