救助ヘリの中で女児出産、洪水被害のペルー

洪水から救助されるヘリコプターの中で生まれたシエロちゃん=ペルー陸軍提供

洪水から救助されるヘリコプターの中で生まれたシエロちゃん=ペルー陸軍提供

(CNN) ペルー北部で洪水に見舞われた村から救助された女性が、軍のヘリコプターの中で女の子を出産した。ペルー陸軍が明らかにした。6日現在、母子ともに元気な様子だという。

マリア・ホセファ・ピンゴ・サンチェスさん(20)は現地時間の4日午後に救助され、ヘリコプターが病院に到着する15分前の午後3時50分ごろ、ヘリの中で女の子を出産した。

国営テレビによると、女の子はスペイン語で「空」を意味するシエロちゃんと命名された。

政府系通信社によると、ペルー北部では何週間も続いた豪雨による洪水で、これまでに106人が死亡し、100万人以上が被災している。被災者の中には子どもや妊婦も多数含まれる。

ピンゴさんを救出した兵士はペルー陸軍が公開したビデオの中で、2日前から出産の兆候はあったものの、病院に到着する前に生まれるとは思わなかったと振り返った。出産には応急措置で対応し、無事に誕生すると、その場にいた全員が喜びに包まれたという。

「この子は将来、パイロットか、兵士か、それとも司令官になるかな。何にしても、今や私たちの家族の一員だ」。兵士は笑顔でそう語った。

ピンゴさんは病院で地元メディアの取材に答え、「もう時間だった。娘は空中で生まれたかった」と話している。6日には救助部隊の司令官が面会して誕生祝いを届けた。

ペルー貿易観光省は出産直後の母子の写真をツイッターに投稿し、「希望はこうして生まれる」という一文を添えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]