北朝鮮ミサイル、狙いは「在日米軍」 安保理が緊急会合へ

2017.03.07 Tue posted at 09:58 JST

[PR]

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、6日早朝に発射したミサイルについて、在日米軍基地への攻撃に向けた演習だったと伝えた。

KCNAによると、ミサイルは有事の際に在日米軍基地を攻撃する任務を負う部隊の演習として発射されたという。

同通信はまた、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が発射を監督したとも伝えた。

国連安全保障理事会はミサイル発射を受け、緊急会合を開催する見通しだ。

安保理メンバー国の外交筋によると、日米両国が開催を要請した。安保理メンバーの大半は現在、アフリカを訪問していることから、会合は8日になる可能性が高いという。

日米韓の防衛当局が確認したところによると、北朝鮮が発射した4発の飛翔体は約1000キロ飛行し、このうち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。

北朝鮮が昨年9月に発射した3発の弾道ミサイルも約1000キロ飛行し、日本の防空識別圏内に入っていた。

メールマガジン

[PR]