シベリアの森で独り、3歳児が3日間生存 クマなど生息

シベリアの森で独り、3歳児が3日間生存

(CNN) ロシア緊急事態省は24日までに、同国シベリア地方の森林に迷い込んでいた3歳男児が独りで3日間生き延びた後、救出されたと発表した。氷点下近くまでの厳寒に襲われ、クマやオオカミがうろつく危険な地域での生還劇だった。

現場はトゥバ共和国内の森で、助かったのはツェリン・ドプチュト君。緊急事態省によると、21日午前に発見された。けがはなかったという。

同共和国の幹部によると、捜索作業は男児の名前を呼び続けるなどして村落近くで実施され、おじの呼び掛けに応えたことが救出の決め手となった。ポケットに残っていたチョコレートを食べて空腹をしのぎ、カラマツの木の下の乾いた地面で寝て夜を過ごしていた。

家族と再会後、最初にねだったのはおもちゃの車だったという。

同共和国の緊急事態担当部門の責任者は地元紙シベリア・タイムズに、森にはクマやオオカミが生息し、特にクマはこの時期、冬に備えて大量に食べ、動くものは全て襲いかかる習性があると指摘。また、日中は暖かいが夜の寒さは厳しいとも説明した。

日中に行方がわからなくなっていた男児はシャツと靴に上着を着用していない薄着だったことに注意を向け、生き延びたことに驚いていた。

男児は友達や犬と外で遊んでいて、森の中に入り込み、迷ったらしい。緊急事態省によると、行方不明の報告があったのは現地時間の21日午前9時ごろだったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]