アフガン政府、元首相率いる反政府勢力と和平協定

カブールの公園で和平協定への反対デモ隊がヘクマティアル元首相のプラカードを持つ

カブールの公園で和平協定への反対デモ隊がヘクマティアル元首相のプラカードを持つ

カブール(CNN) アフガニスタン政府は22日、ヘクマティアル元首相率いる反政府勢力「ヒズビ・イスラミ」と和平協定を結んだ。

アフガン・米両政府はこの和平協定を歓迎している。だが人権団体からは強い批判の声も出ている。

在アフガニスタン米大使館は声明を出し、和平合意は「アフガニスタンにおける紛争を平和的に終わらせる第1歩だ」と述べた。

また、アフガニスタンのアブドラ行政長官は短文投稿サイト「ツイッター」の公式アカウントで「政府はヒズビ・イスラミと和平合意に署名した。タリバーンにも暴力よりも平和を選び、自らにとってのよりよい未来を手に入れるよう呼びかけたい」と述べた。

ヘクマティアル氏はソ連のアフガン侵攻後の1980年代、ソ連軍に対抗するムジャヒディン(イスラム戦士)を軍事支援する米政府から約6億ドルの支援を受けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]