米ロ、シリア全土での停戦計画を発表

米ロ、シリア全土での停戦計画を発表

(CNN) 米国とロシアは9日、シリア内戦の停戦に向けた計画を発表した。シリア政府と反政府勢力が合意すれば、12日の日没時からシリア全土で停戦が発効するとしている。

米国のケリー国務長官はスイスのジュネーブで、「我々は今日、停戦に向けた枠組みを発表する。我々は順守される価値があると見ているが、そうなるかは人々の選択次第だ」と述べた。

ケリー長官はロシアのラブロフ外相と共に報道陣の前に登場。今回の合意について、シリア政府と反体制派の双方に対し、12日の日没時からシリア全土で発効する停戦を尊重するよう求める内容になっていることを明かした。

ケリー長官はまた、シリア空軍が反体制派のいるすべての地域で戦闘任務を行うことを禁止する条項も今回の合意に盛り込まれていると言及。空軍が民間人の犠牲者や移民の流出を引き起こす主因になっていると指摘し、この条項が「合意の根幹」だと述べた。

この条項により、たる爆弾の使用や民間人の居住地域への無差別爆撃に終止符が打たれるとしている。

ケリー、ラブロフ両氏はまた、敵対的行為の停止が7日間にわたり定着した場合、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」を標的とする軍事行動での連携に向けて、米ロ両国が作業を開始するとも発表。ケリー長官は、反体制派に属する組織が正統性を保ちたければ、あらゆる可能な手段によりヌスラ戦線や過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」から距離を取らねばならないと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]