フィリピン大統領、オバマ米大統領への発言で遺憾表明

フィリピンのドゥテルテ大統領。オバマ氏に対する発言で遺憾を表明

フィリピンのドゥテルテ大統領。オバマ氏に対する発言で遺憾を表明

ビエンチャン(CNN) オバマ米大統領がドゥテルテ・フィリピン大統領の暴言を受け、同大統領との首脳会談を中止すると発表した問題で、ドゥテルテ大統領は6日、声明で遺憾の意を表明した。

ドゥテルテ氏は声明で、自身の発言が「米大統領に対する個人攻撃のように受け取られた」のは残念だと表明。「国ごとの優先事項や認識の違いが打開される時を待ち望んでいる」と述べた。

6日にラオスで予定されていた首脳会談については「双方の合意により延期された」としている。

オバマ大統領はこれまでフィリピンとの関係を重視し、任期の2期目にはフィリピンを2回訪問。同国に米軍を事実上再駐留させる協定も結んでいる。

しかし、ドゥテルテ政権による強硬な麻薬犯罪の摘発に対しては懐疑的な見方を示し、首脳会談で取り上げる構えを示していた。

ドゥテルテ氏は5日の演説でこれに強く反発し、侮辱的な俗語でオバマ氏を罵倒した。ホワイトハウスは同日午後に首脳会談の中止を発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]