比の「麻薬戦争」、5歳の少女射殺 最年少の犠牲者 人権団体

比の「麻薬戦争」、5歳の少女射殺

(CNN) フィリピン北部パンガシナン州ダグパンで、5歳の少女が2人組の男に射殺された。同国の「麻薬戦争」での最年少の犠牲者とみられる。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが27日までに明らかにした。

地元警察によれば、ダニカ・メイ・ガルシアちゃんは家族が経営する店舗の中で、バイクに乗った2人組の男に射殺された。地元当局者は、ダニカちゃんの祖父マキシモ・ガルシア氏が標的だった可能性があるとしている。

ガルシア氏は事件の数日前、自身に対する嫌疑を晴らすため、麻薬使用の容疑に問われている他の十数人とともに警察に出頭していた。家族の元に戻った後、銃撃を受け負傷したという。現在は病院におり警察の保護を受けている。

地元警察のトップによると、目撃者からの情報提供で銃撃犯の身元は特定できているという。動機は捜査中としているが、ガルシア氏が19日に麻薬使用疑惑に絡んで出頭していたことから、警察は祖父の薬物絡みの行為に関連した犯行とみている。ただ当局は、自警団による犯行とは明言していない。

警察は今回の襲撃について、捜査の一環として行われたものではないと強調。警察の報道官は、子どもたち死の責任を麻薬撲滅作戦に帰すべきではないとも述べた。

ドゥテルテ大統領は6月30日に就任して以来、全国規模での麻薬撲滅運動を展開。国民に向けたテレビ演説では「犯罪者が決死の姿勢なら相手を殺してもいい」「警察を呼ぶか、銃を持っていたら自分で処理していい」などと発言していた。

ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、7月1日から8月19日の期間で、1000人以上が身元不明の武装勢力により殺害されている。また国家警察によると、警察により射殺された麻薬使用者や麻薬密売人は700人を超えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]