タイ国王が「深刻な感染症」、バンコクの病院で治療

タイのプミポン国王

タイのプミポン国王

(CNN) タイ王室は3日、同国のプミポン国王(88)が「深刻な感染症」を患ったため首都バンコクの病院で治療を受けていることを明らかにした。呼吸困難の症状を示し、抗生物質が投与されたという。

王室の声明によると、血圧が下がって発熱もあり、検査で腎臓機能の低下や肺に水分がたまっていることが判明したという。2日になって症状に改善が見られたものの、経過を確認し続けるため入院していると述べた。

同国王は君主として世界最長の在位期間を持つ。

健康不安に襲われるプミポン国王はここ数カ月間、入退院を繰り返す生活を送っている。2014年には胆のうの嫡出手術も受けていた。過去5年の間、大半を病院で過ごしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]