名誉殺人犠牲の英女性、殺害前に強姦も パキスタン

殺害されたサミア・シャヒドさん

殺害されたサミア・シャヒドさん

(CNN) パキスタン東部パンジャブ州で今年7月、親族に殺害されたとみられる英国籍の女性は、死亡前に強姦(ごうかん)されていたことが4日までに分かった。地元警察の幹部がCNNに語った。

パキスタンでは、家族が認めない相手と交際したり結婚したりした女性が「親族の名誉を傷つけた」として殺害される「名誉殺人」が続発している。

英ブラッドフォード出身のサミア・シャヒドさん(当時28)は7月、パンジャブ州ジェーラムに住む親族を訪ねた際に殺害された。

州警察の報道官がCNNに語ったところによると、家族は当初、警察の調べに対し、シャヒドさんが心臓発作で死亡したと話した。しかし検視の結果、首を絞められて殺害されたことが判明。シャヒドさんといとこ関係にあった前夫が先月、犯行を認めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]