病死の妻担ぎ徒歩で10キロ、車手配の余裕なく インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性は遺体を青色のシートで包んで担いでいた

男性は遺体を青色のシートで包んで担いでいた

2人にはその後、車が用意された。

地元のCNN系列局は政府がまず輸送用の車両を準備すべきだったと報道。夫の話として、病院側は手助けを断るだけでなく、遺体と共に立ち去るよう求めたとも伝えた。病院当局者はCNNの取材に、車の提供を拒否したことは否定し、夫が妻の遺体を持ちだしたことは知らなかったと述べた。

また、妻の死去は当番の医師に確認されておらず、遺体を病院外へ連れ出す許可も出されていなかったとも主張した。

同州政府当局者は、今回の出来事の調査を指示し、不当な対応が見付かった場合、しかるべき措置を講じる考えを示した。

オディシャ州はインドの遠隔地にある州の1つ。国連が2011年に公表したインドの19州を対象にした調査では、同州は寿命などの人間開発指数で最低水準に位置付けられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]