ナイフ40本のみ込んだ男性、手術で摘出し命拾い インド

5時間に及ぶ手術で40本の折り畳みナイフを取り出した

5時間に及ぶ手術で40本の折り畳みナイフを取り出した

ニューデリー(CNN) インド北部の都市アムリツァルでこのほど、大量の刃物を自らの意思でのみ込んだ男性が外科手術によりそれらを胃袋から取り出し、一命をとりとめる出来事があった。5時間に及ぶ手術を担当した医師は、「外科医を20年やっているが、こんな手術は初めて」と驚きを隠さない。

男性がのみ込んでいたのは折り畳み式のナイフでその数40本。刃が折り畳まれているものもあれば、折り畳まれていないものもあった。刃を完全に開いたときのナイフの長さは約18センチにもなり、医師によると錆びたり壊れたりしているものまで見つかったという。

手術の結果、男性は危険な状態を脱したものの、精神的な疾患を抱えているとみられることから、現在は病院内の精神科チームの監視下に置かれている。近く外部の専門家の診察を受ける見通し。

男性は42歳で2児の父。金属を味わう行為に病みつきになり、2カ月間、家族の目を盗んでナイフをのみ込み続けていたという。CNNの取材に対し「なぜそんな習慣が身についたのかわからない。アルコールなどの依存症になるのと似た状態だった」と説明。「家族に申し訳ない。医師と病院のスタッフの方々には命を救ってもらって本当に感謝している」と語った。

前出の医師によると、男性は今後ナイフには指一本触れないと話している。医師らは男性に対し、「もし体が鉄を欲していると感じたら、ホウレンソウを食べなさい」とアドバイスしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]