イタリア中部でM6.2の地震、建物が倒壊

(CNN) イタリア中部ウンブリア州ペルージャ県ノルチャ付近で現地時間24日午前3時36分ごろ、マグニチュード(M)6.2の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が明らかにした。

震源はノルチャの南東10キロの地点。首都ローマでも揺れが感じられた。

その約1時間後には、ノルチャの北東4キロを震源とするM5.5の余震も発生した。

イタリア放送協会(RAI)はノルチャ近郊のアマトリーチェで複数の建物が倒壊したと伝えた。

イタリア国営ANSA通信によると、ノルチャ東郊のアスコリ・ピチェーノでも建物が損壊。地震後、同州では消防の緊急通報が相次いでいるという。

USGSは「この地域の建物は地震に強い建物と弱い建物が混在している」と指摘。建物は補強されていないれんが造りが多く、大きな人的、物的被害が出ている可能性を示唆した。

近年、同国では地震による被害に相次いで見舞われている。2012年5月にはイタリア北部を2つの地震が襲い数十人が死亡、09年4月に同国中部で発生したM6.3の地震では295人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]