ISIS、アフガンの戦場で米軍の武器入手か 画像公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) アフガニスタン東部で過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と戦っている米軍部隊の武器や装備の一部が、戦闘後にISISの手に渡った可能性がある。ISISは先週末、戦場で手に入れたとする弾薬などの画像を公開した。

米特殊部隊を含む米軍は数週間前から、ISISが拠点とするアフガン東部ナンガルハル州で戦闘を続けている。

ISISがメディア部門を通して公開した画像には、米軍が使っているのと同種類の弾薬や布製のバックパック、肩撃ち式のロケット弾発射装置が並んでいた。

これらが米軍の所有物かどうかについて、米国防総省は確認していない。しかし国防当局のある高官は、「最近の戦闘などでなくなった物品が大半を占めている可能性がある」との見方を示した。

アフガンの反政府勢力タリバーンは何年も前から、米軍が戦場に残した武器や装備を探し、持ち帰ってきたことが知られている。この高官によると、画像の武器には特殊部隊で現在使われているものも含まれているという。

ナンガルハル州での戦闘では米軍側に数人の負傷者が出ている。ISISが公開した画像には、米陸軍兵1人の身分証も写っていた。ISISはこの兵士を拘束したと主張したが、この兵士は身分証を紛失しただけで、所属部隊と常に行動をともにしていたことが確認されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]