病院で自爆テロ、70人死亡 弁護士や記者狙う パキスタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クエッタでの爆発で同僚が死亡し、嘆き悲しむ弁護士ら

クエッタでの爆発で同僚が死亡し、嘆き悲しむ弁護士ら

(CNN) パキスタン北西部クエッタの市民病院で8日に爆発があり、バルチスタン州保健当局によると70人以上が死亡、112人が負傷した。この病院には、同日銃撃されて死亡した有力弁護士の遺体が安置され、仲間の弁護士や報道陣が集まっていた。

反政府武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」の分派「ジャマート・ウル・アハラル」が、病院の爆破と弁護士の殺害について犯行を認める声明を出した。

銃撃されて死亡したのはバルチスタン州弁護士会の会長だったビラル・カシ弁護士で、追悼のため病院に弁護士や記者が集まっていたところ、現地時間の午前9時半ごろ救急病棟で爆発が起きた。

パキスタンのシャリフ首相は声明を発表し、「治安部隊や警察やバルチスタン州の人たちの数えきれない犠牲のおかげで復興した州の平和をかき乱すことは許されない」と非難。当局に対して厳戒を続け、弁護士などの警護を強化するよう指示したことを明らかにした。

ジャマート・ウル・アハラルの広報は、カシ弁護士を標的とし、病院で弁護士や報道陣を狙った自爆テロを実行したと述べ、今後もそうした攻撃を続けると予告している。

TTPは、今年に入ってラホールで起きた遊園地の自爆テロについて犯行声明を出していた。この事件では69人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]