高さ世界一のウオータースライダー、少年が事故死 米中西部

米カンザス州のウオーターパークで少年が死亡した=KCTV

米カンザス州のウオーターパークで少年が死亡した=KCTV

(CNN) 米中西部カンザス州のウオーターパークに設置された世界一高いウオータースライダーで7日、10歳の少年が死亡する事故があり、州警察が原因などを詳しく調べている。

死亡したのは同州下院議員を務めるスコット・シュワブ氏の息子。同氏は7日夜、「息子は生まれたその日から家族や周囲にたくさんの喜びをもたらしてくれた」とする声明を出した。

事故が起きたのはシュリッターバーン・ウオーターパーク内にある高さ約51.4メートルのウオータースライダー「フェアリュクト」。2014年7月にオープンした同スライダーは、ブラジル・リオデジャネイロのカントリークラブにあるウオータースライダーを抜いて世界一に認定された。

ナイアガラの滝の落差をしのぐ規模で、落下時の時速は最高80キロに達する。ボートは2~3人で、体重の合計は約180~230キロに制限される。搭乗するには身長137センチ以上という条件があり、少年が条件を満たしていたかどうかは明らかでない。

米消費者製品安全委員会(CPSC)の昨年のデータによると、遊園地の乗り物やウオータースライダーに関連する負傷は全米で4万5000件、このうち18歳未満が3万件に上った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]