英EU離脱、再投票実現の可能性は 法的には障壁無し

国民投票のやり直しが実現するシナリオとは

国民投票のやり直しが実現するシナリオとは

ロンドン(CNN) 英国は23日の国民投票で、欧州連合(EU)からの離脱という歴史的な選択をした。しかし今のところ、実現に向けた引き金を引くことはためらっている。

そうした中で、EU離脱は実行に移さなければならないのかという新たな疑問が浮上している。以下にその可能性を探った。

国民投票の結果は無視できるか

国民投票そのものに法的拘束力はなく、結果が出ても法的には何も決まってはいない。

理論的には、政府が国民投票の結果を無視することもできる。だがそうなれば、離脱に1票を投じた52%の怒りを買うのは確実だ。

「国民投票だけではEU離脱は発動しない」と解説するのは欧州法に詳しいケンブリッジ大学のケネス・アームストロング教授。「そのためには政府による決定が必要だ」

具体的には、EUからの離脱について定めたリスボン条約50条を英政府が発動する必要がある。

残留派を主導してきたキャメロン首相はキャンペーン中、もし離脱派が勝利すれば自動的に50条が発動されると繰り返してきた。しかし実際に離脱派が勝利すると10月で辞任する意向を表明。同条項の発動は後任に委ねると発言して残留派に希望を生じさせている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]