教会は「同性愛者に謝罪すべき」、ローマ法王が見解

ローマ法王フランシスコ。同性愛者らに不快な思いをさせたことに対し謝罪すべきだとの見解を明らかにした

ローマ法王フランシスコ。同性愛者らに不快な思いをさせたことに対し謝罪すべきだとの見解を明らかにした

ローマ法王専用機機上(CNN) ローマ法王フランシスコは26日、アルメニア訪問を終えて帰国途中に法王専用機内で記者会見し、カトリック教会は同性愛者などに不快な思いをさせたことに対して謝罪すべきだとの見解を示した。

記者会見で法王は、「同性愛の人に不快な思いをさせてきたことについて教会は謝罪すべきだと考える」「貧しい人たちや搾取されてきた女性たち、労働を搾取されてきた子どもたちにも謝罪し、多くの武器を祝福してきたことに対して許しを乞わなければならない」と語った。

これに先立ちアイルランドの新聞は24日、ドイツの枢機卿がカトリック教会は同性愛者に対して「非常に否定的」だったことを謝罪すべきだと発言したと報道していた。

記者会見でこの報道について質問されたフランシスコ法王は、尊敬についてのカトリック教会の教えを繰り返し、同性愛者を差別してはならないと強調。人を非難することができるのは、「思想的理由ではなく、例えば他人に対して過度に攻撃的で、その問題とは無関係な特定の抗議運動のような政治的振る舞い」を行った場合に限られるとした。

しかし「それとは異なる思考の伝統や文化」が存在すると法王は指摘。「もし同性愛の人が善意の持ち主であり、神を求めるのなら、誰に裁くことができるだろうか」と語った。フランシスコ法王は2013年以来、この発言を繰り返してきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]