S&P、英国債を2段階格下げ EU離脱の投票結果受け

S&Pが英国債の格付けを最上位の「AAA」から2段階引き下げ

S&Pが英国債の格付けを最上位の「AAA」から2段階引き下げ

ニューヨーク(CNNMoney) 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、英国が先週実施した国民投票で欧州連合(EU)離脱の結果が出たことを受け、英国債の格付けを最上位の「AAA」から2段階下の「AA」に引き下げた。

S&Pは、英国がEUから離脱することで政策の予測可能性や安定性、有効性が低下し、外国からの投資も阻害されると警告。主要産業の金融部門を筆頭に、英経済が悪化する恐れがあるとの見方を示した。

また今後、通貨ポンドが主要準備通貨としての地位を失ったり、英財政の悪化や予想を上回る景気停滞が起きたりした場合、EU残留派の多いスコットランドで独立の是非を問う住民投票が再度実施された場合は、さらに格下げする可能性もあると指摘。見通しを「ネガティブ」(弱含み)に据え置いた。

S&Pは2011年、米国債の格付けを最上位から「AA+」に引き下げ、全世界の経済に大きな影響を及ぼしたことが知られている。

欧州系格付け大手のフィッチ・レーティングスも27日、英国債の格付けを上から2番目の「AA+」から「AA」に1段階引き下げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]