ロシア空軍、スホイ27を飛行禁止に 曲芸飛行隊の墜落受け

(CNN) ロシアの国営タス通信は12日までに、同国空軍がスホイ27型戦闘機の飛行を禁止したと伝えた。モスクワ近郊で今月2日に発生した同型機で編成する曲芸飛行隊「ナイツ」の1機が墜落し、操縦士が死亡したことを受けた措置。

墜落原因を解明するまで飛行は取りやめとなった。タス通信によると、ロシア国防省は墜落は技術的な原因によるものと見ている。

同省によると、墜落機の操縦士は住民の居住地域への激突を避けようとしたため、緊急脱出を図る時間的余裕を失ったとしている。同機の飛行記録装置は良好な状態で回収されたという。

同曲芸飛行隊はアシュキノで催された飛行家らを記念する行事の開幕式典に参加していたという。

軍事情報会社ジェーンズによると、ロシア軍が保有するスホイ27型機は推定で約200機。

米国防総省によると、同型機はバルト海上の国際空域で今年4月、任務遂行中の米空軍の電子偵察機RC135に異常接近する飛行を行っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]