パナマ文書、リーク元が声明 「不平等告発が動機」

また、一定の条件を満たせば、パナマ文書を政府や捜査当局が利用できるようにすると述べた。世界各国の政府は不正告発者の保護を強化しなければならないとし、告発者は政府の報復を免れる資格があるとも主張した。

文書のリークで世界中で新たな議論が巻き起っていることは「心強い」としている。

パナマ文書はパナマの法律事務所モサック・フォンセカから流出したとされ、先月公開された後世界中に衝撃が拡大。この文書に基づく報道によると、高い地位にある世界中の当局者が秘密のオフショア(非居住者向け)会社に資産を隠していたとされる。

モサック・フォンセカは、不適切な行為はなく、文書の中には同事務所の顧客でさえない者も含まれていると主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]