「冷戦の遺物を葬る」 オバマ大統領、キューバで演説

キューバの首都ハバナで演説するオバマ米大統領

キューバの首都ハバナで演説するオバマ米大統領

(CNN) キューバ訪問中のオバマ米大統領は22日、首都ハバナのアリシア・アロンソ国立劇場でラウル・カストロ国家評議会議長ら要人や政府高官を前に演説し、「私は米大陸に残された冷戦の最後の遺物を葬るために来た」と宣言して拍手を浴びた。

オバマ大統領は演説の中で米国がキューバに科してきた禁輸措置に触れ、「禁輸を解除すべき時が来た」と述べる一方、「我々が禁輸を明日解除したとしても、ここキューバにおいて持続的な変化がなければ、キューバ国民が潜在力を発揮することはできない」と強調した。

ベルギーのブリュッセルで起きたテロ事件については短く触れるだけにとどめ、約40分に及んだ演説のほとんどの時間を使ってキューバとの新時代について語った。

オバマ大統領は「友好の手をキューバの人たちに差し伸べるために来た」と語る一方で、両国間には政治から経済に至るまでまだ大きな隔たりがあると指摘。「同意を強要することはできないが」と前置きしたうえで、「法の下では誰もが平等であるべき」「市民は恐れることなく思ったことを自由に発言できなければならない」と力説した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]