中国、国際海洋司法組織を創設へ 南シナ海意識か

(CNN) 中国の最高裁に相当する最高人民法院は13日、同国の国家主権と海洋権益を守るため国際海洋司法問題を担当する組織の創設を発表した。国営の新華社通信が報じた。

「国際海洋司法センター」とする同組織の活動や運営方法などの詳細については触れていないが、中国全土の裁判所が同国を海洋大国に変貌させる業務に当たるとしている。新華社によると、最高人民法院の周強院長は「国家主権、海洋権益や核心的な利益を断固として守る」と述べた。

中国が主権を唱える南シナ海では近年、同じく領有権を主張する沿岸国・地域との対立が高まっている。

この中で論争の当事国であるフィリピンが2013年、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に南シナ海問題の調停を付託。同裁判所の裁定は今年5月にも予想されるが、中国は仲裁を受け入れない考えを再三示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]