中国、同性愛番組の放送禁止 「暗黒面の誇張」とみなす

2016.03.04 Fri posted at 13:30 JST

[PR]

北京(CNN) 中国の検閲当局が、同性愛などのテーマを扱うテレビ番組の放送を禁止する措置に踏み切ったことが分かった。「社会の暗黒面を誇張」する内容だというのがその理由だ。

このガイドラインは中国テレビドラマ制作産業協会のウェブサイトに12月31日付で掲載され、このほど中国国営メディアの報道で脚光を浴びた。同性愛のほか、不倫、一夜限りの関係、未成年者の恋愛などを「低俗、不道徳的、不健全な内容」に分類。「テレビドラマでは、親近関係、同性関係、性的倒錯、性的暴行といった異常な性的関係を描いてはならない」と規定している。

テレビでの放送が禁止されたテーマはこのほかにも、中国のイメージを損なう内容、ぜいたくなライフスタイルを宣伝する内容、国家統一を妨げる内容、封建制度や迷信を描いた内容など多岐にわたる。

これに先立ち、インターネットのビデオストリーミングサイトで人気を集めていた同性同士の恋愛ドラマの配信が停止され、ソーシャルメディアで批判が噴出していた。このドラマは現在、中国からはアクセスできないユーチューブでしか視聴できなくなっている。

新しいガイドラインに対して中国国内の同性愛活動家などは反発を強めている。教科書での同性愛の描かれ方を巡って中国文部省を提訴している女性は、「同性愛を異常と決めつけるお偉いさん連中は常識知らず」と憤慨する。

中国では1997年から同性愛が犯罪とみなされなくなり、2001年には臨床治療が必要な精神疾患の一覧から同性愛が削除された。しかし社会的偏見は依然として根強く、米調査機関ピューが2015年に中国で実施した調査では、61%が同性愛は容認できないと答えていた。

メールマガジン

[PR]