ヒトラーの「わが闘争」、ドイツ国内で出版 来年1月

「わが闘争」出版へ

(CNN) これまでドイツ国内での出版が認められてこなかった、ナチスの独裁者ヒトラーが書いた著書「わが闘争」が来年1月に刊行されることが3日までに分かった。

ミュンヘンの現代史研究所が本の再版を目指しており、来年1月に書店の店頭に並ぶという。価格は59ユーロ(約7700円)。

ただし、元の本をそのまま再版したのではない。現代史研究所によれば、ナチスの思想の背後にあった「うそやうそを含む言葉、悪質な攻撃」を明示するために大量の注釈がつけられているという。

再版が可能になった理由は、ヒトラーの死から70年目にあたる今年の末に、著作権が切れるためだ。

第2次世界大戦の終結時、連合国はこの本の著作権をドイツのバイエルン州に移した。これまでバイエルン州は再版を禁じていた。

現代史研究所はこれまでも、ヒトラーの演説集やナチス高官の日記に注釈をつけて刊行してきた。

同研究所は、これまでのタブーを破ることについて、影響はそれほど大きくないとの見方を示す。インターネットの普及もあって、英語版の「わが闘争」は簡単に手に入るし、ネット上で探せば原文も見つかるからだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]